がん細胞をやっつけるには薬の効能を知ることが重要

病院

副作用がない治療ならサプリ

人によっては重症化する抗がん剤治療の副作用ですが、医薬品ではないサプリだと副作用を感じることなく、がん治療に取り入れることができます。医師に相談をして役立てていきましょう。

抗がん剤の副作用を抑える成分

アガリクス

抗がん剤をしているうちは体力の消耗が激しく、副作用でバテてしまうため体の免疫力も下がる一方です。アガリクスはこうした状態を回復するための有効成分なので、副作用で元気がなくなった体にパワーを送り込んでくれます。

フコイダン

がん細胞の増殖を抑えるフコイダンは、血管を新しく作らせないよう懸命に働いてくれるため抗がん剤治療における負担を軽減することができます。ついでに、免疫力も上がるので再発防止にも使われています。

ポロポリス

豊富な栄養素が含まれるプロポリスは、体内に侵入してくる有害物質や細菌をシャットアウトする役割をしています。中でも注目したいのが高い抗酸化作用です。ガンだけではなく様々な病に効果的で免疫細胞の活性化も行ってくれます。

メシマコブ

がん細胞の増殖を抑えるだけではなく、がんが散らばるのを防ぐことができるのはメシマコブの長所です。さらには発がん予防にも期待できるとして、がん治療で最も注目されています。副作用を軽減することも可能なので、積極的に摂取したい成分です。

シイタケ菌糸体

免疫細胞の活動が制限されると、がん細胞が増えたり他の臓器に転移したりする恐れがあります。この状態だと副作用も重くなり辛いです。シイタケ菌糸体が免疫細胞を促すため本来の力を取り戻し、体の奥底から元気になることができます。

抗がん剤治療で一番つらかったことベスト5

no.1

便秘

抗がん剤の中で最も便秘を引き起こすのが植物系の薬です。お腹が圧迫されたようになるので、食事が摂れなくなるほど苦しくなります。背中が痛みだし、立つのも辛くなるでしょう。乗り切る方法としては、水分を十分に摂って便をふやかすことです。

no.2

吐き気と嘔吐

抗がん剤にありがちな副作用で、始めのうちは吐き気と嘔吐がひどく耐えきれない患者さんもいます。しかし、今は強烈でも吐き気止めが処方されるので、心配はいりません。

no.3

口内炎

長い間抗がん剤治療をしていると口の中にある粘膜に傷がつき、口内炎が出やすくなります。粘膜が回復するまでの辛抱ですが、時間がかかるため厄介でしょう。悪化させないよう注意が必要です。

no.4

脱毛

もろにダメージを受けるのが髪の毛です。主な脱毛箇所は頭髪と眉毛で、抗がん剤治療を開始した2.3週間ぐらいから脱毛が始まり、最後の治療を終えてから3か月経過するとふさふさの髪に戻ります。

no.5

感染症

他の化学療法に共通するのが抗がん剤治療による感染症です。薬を体内に投与している間は、骨髄の造血細胞に傷がつくので白血球や赤血球の量が減ってしまい、感染症を引き起こすようになります。

抗がん剤治療の種類

ドクター

抗がん剤の種類は三つに分類される

がん細胞を死滅させるために使われるのが抗がん剤治療になり、死滅させるには様々な方法をとって行ないます。薬の作用とメカニズム、治療目的で選ぶとしたらDNAの増殖を抑えるもの、がん細胞の増殖時に必要となる酵素とレセプターに働くもの、免疫力によるがん細胞への攻撃するものがあり病状に合った治療に使っていきます。

DNAの増殖をさせない

この働きをするのが抗生物質やアルキル化剤、プラチナ製剤、植物アルカロイドになります。これらの薬はDNAの変形を阻止する他、変形したDNAを新しい細胞にもっていく行動を阻止できます。

がん細胞の増殖を止める

再発防止やがんの成長を抑えるために用いられるホルモン剤や分子漂的薬は乳癌や前立腺がんに活用される薬です。また、がん細胞の表面にできるタンパク質や増殖の手助けをする酵素をピンポイントで攻撃できるので、再発防止に役立てることができます。

医師へ相談が大事

患者にとって一番最適な抗がん剤は何なのかがわかると、投与方法や量を決める判断材料になり治療をスムーズに始めることができます。ただし、同じ部位にできたからといって同様の抗がん剤治療が行われるとは限らず、がんの進行具合や臨床試験に基づいて分析をしてから医師が判断します。

抗がん剤治療にあちがちな疑問点

体がボロボロになると聞きましたが

そのように記述する書籍やサイトは世に沢山出回っています。しかし、副作用や抗がん剤治療の効果は患者の症状と状態、腫瘍の種類によってばらつきがあるため必ずボロボロになるとは言い切れません。

がんと共存をするためにはどうすれば

近年登場した分子標的薬は細胞の増殖及び、転移に関わるすべての分子に狙いを定め、働きを阻害する万能薬です。がん細胞を小さくするというよりは、共存をしつつ悪化を抑えるのが目的です。

投与する薬は自分で決めたい

薬のタイプや効能、副作用の種類を患者側が理解すると治療の選択肢はさらに増えます。最近はリスクの説明をした後にどの治療法が良いか意思表示を求める病院が増えています。

治療期間はどのくらいですか

こればかりは担当医師に直接質問をした方が明確な回答が得られるかと思います。また、このような質問に対し、医師は奏効率〇〇%と表現しますが、腫瘍の縮小や症状の緩和を意味するものです。

副作用が少ない治療が知りたい

免疫療法がそれに該当します。ポイントは、他の治療と併用できる事、進行がんと転移ガンどちらにも対応できる事、副作用がほとんど見られない事です。

広告募集中