抗がん剤治療中に注意すべき生活習慣

病院

辛い副作用の症状をブロック

ナース

下痢がひどい時

抗がん剤治療をしている時は、消化が悪い食べ物を食べると悪化する恐れがあるのでNGです。柔らかく煮たものや体が温まるメニューにすると下痢の時も食事が摂れますよ。

味覚障害の以上が見られたら

副作用の一つに味覚障害というものがあり、ニオイのキツイ魚や肉、ジャンクフード等のカリウムの多い食品はなるべく控えたいです。代わりに、ゆずやレモンで風味を与えると副作用の症状が軽減します。

吐き気と嘔吐を防ぐ

刺激が強いものは逆に負担が大きいため、なるべくあっさりした食べ物を摂るようにしてください。口当たりの良いゼリーなんかも良いでしょう。冷たいので気持ち悪い時も気軽に食べることができます。

ふらふらとする貧血の場合

睡眠時間を長めに取り、ゆっくり休むことが重要です。バランスの良い食事にすると貧血の症状を和らげることができますよ。タンパク質やビタミンB12が含む食品を摂取して乗り越えていきましょう。

日ごろから手洗いうがいはしっかり行おう

がん闘病中は、免疫力が下がるため感染症のリスクが上がります。そのため、手洗いとうがいは必ず行なう必要があります。また、感染症の兆候が見られたら真っ先に医師へ訴えてください。

広告募集中